明治橋病院について

HOME明治橋病院について病院指標について

病院指標(DPCデータより)平成27年度

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0人 12人 52人 50人 96人 124人 258人 625人 478人 147人
平成27年度中に当院を退院した患者さんを年齢階級別に集計しました。退院患者の年齢構成を見ると、その病院の特徴をある程度知ることができます。当院では、60代以上の方が上位を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
            

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし、手術・処置等2なし 107人 23.0日 14.34日 3.7% 76.38歳
040081xx99x01x 誤嚥性肺炎 手術なし、手術・処置等2なし、定義副傷病なし 40人 23.1日 40.88日 0.0% 85.5歳
050130xx99000x 心不全 手術・処置1等なし、手術・処置2等なし、定義副傷病なし 38人 26.9日 18.30日 5.3% 85.6歳
内科では、肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし、手術・処置等2なしの症例が上位を占めています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし、手術・処置等2なし、定義副傷病なし 22人 9.5日 9.17日 0.0% 70.5歳
060160xx003xx0x 鼡径ヘルニア 手術あり(K634)、定義副傷病なし 19人 2.3日 4.96日 0.0% 64.7歳
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頚部を含む)手術なし、手術・処置等2あり(化学療法ありかつ放射線療法なし)、定義副傷病なし 11人 11.6日 9.95日 0.0% 74.4歳
外科では、ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし、手術・処置等2なし、定義副傷病なしの症例が上位を占めています。

脳外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)、手術なし、手術・処置等1なし、手術・処置等2あり(エタラボン)、定義副傷病なし 34人 17.2日 18.08日 20.6% 70.1歳
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷、手術なし、手術・処置等2なし、定義副傷病なし 17人 9.5日 7.52日 0.0% 73.0歳
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)、手術なし、手術・処置等1なし、手術・処置等2なし、定義副傷病なし 14人 12.4日 15.80日 21.4% 63.8歳
脳外科では、脳梗塞(JCS10未満)、手術なし、手術・処置等1なし、手術・処置等2あり(エタラボン)、定義副傷病なしの症例が上位を占めています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍、手術なし、手術・処置等1あり(前立腺針生検法) 71人 2.1日 2.72日 0.0% 75.3歳
110070xx02020x 膀胱腫瘍、手術あり(K8036S)、手術・処置等1なし、手術・処置等2あり(化学療法)、定義副傷病なし 19人 10.8日 8.02日 0.0% 74.9歳
11012xxx020x0x 上部尿路疾患、手術あり(K781S等)、手術・処置等1なし、定義副傷病なり 14人 4.2日 5.91日 0% 67.0歳
泌尿器科では、前立腺の悪性腫瘍、手術なし、手術・処置等1あり(前立腺針生検法)の症例が上位を占めています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折、手術あり(K0811等) 72人 46.1日 28.70日 5.6% 80.1歳
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)、手術なし、定義副傷病なし 31人 27.1日 21.52日 3.2% 78.0歳
160760xx97xx0x 前腕の骨折、手術あり、定義副傷病なし 21人 15.8日 5.70日 0.0% 69.0歳
整形外科では、股関節大腿近位骨折、手術あり(K0811等)の症例が上位を占めています。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 7人 8人 13人 6人 7人 6人 UICC TNM分類 第7版
大腸癌 1人 15人 5人 7人 12人 12人 UICC TNM分類 第7版
乳癌 1人 0人 0人 1人 2人 1人 UICC TNM分類 第7版
肺癌 1人 0人 1人 0人 2人 0人 UICC TNM分類 第7版
肝癌 0人 2人 0人 2人 10人 1人 UICC TNM分類 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は、UICC第7版による病期分類です。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 16人 47.1歳 18.4日
重症度 1 50人 83.9歳 20.4日
重症度 2 12人 79.6歳 26.6日
重症度 3 3人 84.3歳 62.0日
重症度 4 1人 90歳 34日
重症度 5
不明
普段の生活の中で罹患した肺炎の患者さんについて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。重症度は、市中肺炎ガイドライン度分類システム(A-DROPシステム)により分類しました。当院では、年齢と重症度の関係に着目すると、年齢が高くなるほど重症度が高くなる傾向が見られます。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 8人 5.3日 77.9歳 0%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 100人 24.2日 72.2歳 20.0%
その他 6人 17.8日 75.2歳 16.7%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1人 20.0日 50.0歳 0%
その他 2人 3.0日 87.0歳 0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 1人 18.0日 86.0歳 0%
その他
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード


内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 19人 1.6日 9.1日 0% 82.7歳
K6871 内視鏡的乳頭切開術・乳頭括約筋切開のみのもの 7人 1.0日 5.6日 0% 71.9歳
K6852 内視鏡的胆道結石除去術 6人 2.0日 4.3日 0% 74歳
内科では、内視鏡による胆道ステント留置術が上位を占めています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21人 3.5日 1.5日 0.0% 68.5歳
K634 腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術 20人 5.3日 4.2日 0.0% 65.5歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 9人 6.4日 24.3日 0.0% 74.0歳
外科では、腹腔鏡下による手術が上位を占めています。

脳外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14人 0.4日 15.3日 7.1% 74.6歳
K1643 頭蓋内血腫除去術・脳内のもの 7人 0.1日 45.0日 57.1% 68.0歳
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング・1箇所 4人 0.0日 50.8日 75.0% 66.8歳
脳外科では、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が上位を占めています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036 膀胱悪性腫瘍手術・経尿道的手術・電解質溶液利用のもの 21人 0.8日 8.3日 0.0% 75.0歳
K8411 経尿道的前立腺手術・電解質溶液利用のもの 13人 1.0日 9.5日 0.0% 64.9歳
K7811 経尿道的尿路結石除去術 12人 0.0日 3.3日 0.0% 66.0歳
泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍手術・経尿道的手術・電解質溶液利用のものが上位を占めています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿) 73人 3.7日 43.7日 2.7% 76.5歳
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟状骨) 35人 2.8日 31.2日 0.0% 67.8歳
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・膝蓋骨・手・手指・足指) 25人 3.9日 22.1日 0.0% 57.2歳
整形外科では、骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿)の中でも大腿骨の手術が上位を占めています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4例 0.2%
異なる
180010 敗血症 同一 4例 0.2%
異なる 1例 0.05%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.5%
異なる
最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固(DPC 130100)、敗血症(DPC 180010)、その他の真菌症(180035)、手術・術後の合併症(DPC 180040)について 患者数をカウントしています。
更新履歴
2016/9/21