明治橋病院について

HOME明治橋病院について院長挨拶・理念・基本方針

院長挨拶・理念・基本方針

院長挨拶

保健・医療・福祉、三位一体の地域医療を展開しております。

当院は昭和55年4月に126床の垣谷病院として開設以来、地域医療の一翼を担いつつ、増床、療養型病床への改床、新設を経て今日の総病床数396床(うち療養型病床276床)に至っています。一般病棟、療養型病棟に加えて健診事業、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、通所リハビリテーションセンター、訪問看護ステーションなどを併設し、保健・医療・福祉の三位一体の地域医療を展開しております。温かみのある、信頼される医療をめざして、これからも職員一同、日々切磋琢磨していく所存です。今後とも、地援の皆様におかれましては、なお一層のご指導、ご鞭撻ならびにご支援の程宜しくお願い申し上げます。

ONE FOR ALL, ALL FOR ONEスタッフは医療チームの一員として、患者さん一人ひとりにベストを尽くします。

地域の中核医療機関として住民の皆さんの健康を見守ります。

理念

みんなで力をあわせて良質で安全な医療を

基本方針

  • 急性期医療、療養型医療を両軸に、地域への保険・医療・福祉サービスの充実を図ります。
  • 部署間の連携を密にして、患者さまを中心にしたチーム医療を展開します。
  • 患者さまの人格と意志を尊重し充分な説明のもとでの説得と同意を心がけます。
  • 医療人としての自覚を持ち、常に安全な医療を心がけ、学識・技術の研鑽に励みます。
  • 融和と精励を尊び、働きがいや生きがいを感じ得る、活力ある職場環境を目指します。
患者さまの権利(安心して医療を受けていただくために)
  • 良質な医療を公平に受けることができます。
  • 人格は尊重され、人権は擁護されます。
  • 病院の守秘義務により、プライバシーは尊重されます。
  • 病状等は、十分な情報提供を受け、納得いくまで説明をうけることができます。
  • 検査、治療方針等の医療行為を自分の意志により選択することができます。
  • 主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くことができます。
患者さまの責務(信頼関係に基づき適切な治療を受けていただくために)
  • 自分の身体・病状に関する情報を正確に提供していただく責務があります。
  • 納得の上、同意された治療には自らも協力していただく責務があります。
  • 病院においては規則を守り他の患者様や療養環境に配慮する責務があります。
  • 療養上必要な医師や看護師の指導や指示を守る責務があります。