明治橋病院について

HOME明治橋病院について垣谷会から皆様方へ

垣谷会から皆様方へ

社会医療法人垣谷会 理事長のメッセージ

「ただ純粋に地域の皆様の医療・福祉のために尽力する」ことが
今後の明治橋病院のなすべきことです。

明治橋病院は昭和55年4月に開設し、一般病床、療養型病床(介護療養型医療施設)の建設を含む3度の増改築を重ね現在の形に至っています。また、平成12年の介護保険法施行に伴い介護療養型医療施設、通所リハビリテーションセンター、デイサービスセンターひまわり、グループホーム田井城の里を開設しました。また、在宅サービスや疾病予防の充実を図るべく訪問看護ステーション、在宅介護支援センターを開設するとともに企業健診、人間ドック等にも取り組み、医療のみならず介護・福祉の分野でも地域の皆様のご期待に応えるべくその組織を拡充させてまいりました。
昨今の社会情勢においては、かつて人類が経験したことのない超高齢化社会の到来を我が国がいち早く向かえることに加え、先行きの見えない日本経済の中で、どのように社会医療法人垣谷会のかじ取りをすればよいかまだ確たる定めはありません。しかし、これまでの明治橋病院の歴史の根幹が先代理事長の「医道とは人道である」の理念であったことから、今後の明治橋病院が成すべきことは、「ただ純粋に地域の皆様の医療・福祉のために尽力する」と方向を示してくれています。病院理念でもある『みんなで力を合わせて良質で安全な医療を』を実行すべく、医師を筆頭に看護職員のみならず、薬剤師等の医療技術員、事務職員等も含め『全員参加型』を基とし、職員が力を合わせなければなりません。私は社会医療法人垣谷会のすべての職員が「地域の皆様のために働きたい」と常に思っていると信じております。地域の皆様におかれましては、これからも職員一同、日々切磋琢磨し、より良い医療・介護が提供できるよう努力してまいります。今後とも、なお一層のご指導、ご鞭撻ならびにご支援の程宜しくお願い申し上げます。