病院のご案内

HOME病院のご案内病院概要・沿革

病院概要

明治橋病院

所在地
診療科目

内科、消化器内科、腎臓内科(人工透析)、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内科
外科、整形外科、脳神経外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、形成外科
泌尿器科、麻酔科、ペインクリニック内科、リハビリテーション科、皮膚科、放射線科

開設

昭和55年4月

病床数
各種指定

大阪府二次救急告示医療機関、労災保険、生活保護、結核(34条)、原爆、各助成制度

施設基準

一般病棟入院基本料(10対1)、急性期補助加算(50対1)、療養病棟入院基本料2、救急医療管理加算、医師事務作業補助体制加算(75対1)、診療録管理体制加算、脳血管疾患リハビリテーション(2)、運動器リハビリテーション料(1)、入院時食事療養(Ⅰ)及び入院時生活療養(Ⅰ)、医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術、麻酔管理加算(Ⅰ)、薬剤指導管理料、CT撮影及びMRI撮影、検体検査管理加算(Ⅱ)、無菌調剤処理料、重症皮膚潰瘍管理加算、輸血管理料Ⅱ、医療機器安全管理加算Ⅰ

認定施設

日本ペインクリニック学会指定研修施設、日本外科学会外科専門医制度関連施設、日本整形外科学会認定医制度研修施設、日本透析医学会専門医制度に基づく認定施設、日本脳神経外科学会専門医制度指定訓練施設、日本泌尿器科学会専門医制度専門医教育機関、日本麻酔科学会麻酔指導医制度指導病院、日本がん治療認定医機構認定研修施設

主要医療機器および設備
内視鏡部門
  • 上部消化管内視鏡
  • 下部消化管内視鏡
  • 膀胱鏡
  • 腹腔鏡
  • 十二指腸ビデオスコープ(側視鏡)
  • NBI装置
放射線部門
  • 一般X線撮影装置
  • X線透視診断装置
  • CTスキャナー装置(16列)
  • 磁気共鳴画像診断装置(1.5T)
  • 血管造影装置
  • ポータブル撮影装置
  • イメージ装置
  • X線骨密度測定装置
生理・生化学検査部門
  • 腹部超音波診断装置
  • 心臓超音波診断装置
  • 心電図
  • 24時間ホルター心電図計
  • 脳波検査装置
  • 聴力検査装置
  • 生化学分析装置
  • 多項目血球分析装置
  • 糖分析装置
  • ヘモグロビンA1c分析装置
  • 血液ガス分析装置
  • 自動免疫測定装置
取扱い保健

健康保険、労災保険、民生

垣谷会グループ

エンゼル訪問看護ステーション
  • 〒580-0043 大阪府松原市阿保5丁目7番13号
  • TEL:072-330-0322
デイサービスセンターひまわり
  • 〒580-0044 大阪府松原市田井城6丁目282番2
  • TEL:072-334-7221
グループホーム田井城の里
  • 〒580-0044 大阪府松原市田井城6丁目282番2
  • TEL:072-334-5311
通所リハビリテーションセンター
  • 〒580-0045 大阪府松原市三宅西1丁目358番地3
  • TEL:072-334-8558
居宅介護支援事業所
  • 〒580-0045 大阪府松原市三宅西1丁目358番地3
  • TEL:072-334-0294
介護付有料老人ホーム 松原なごみの里
  • 〒580-0048 大阪府松原市別所7丁目12番地26
  • TEL:072-338-0753
社会福祉法人優心会
指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)こうのとり
  • 〒547-0014 大阪市平野区長吉川辺3丁目2番
  • TEL:06-6700-8000

病院沿革

人工透析センター医療への夢と理想を掲げて36年。初心は未来へ引き継がれてゆきます。
慈愛と真心にあふれた医療の現実を目指して歩み続けます。

1980年4月
  • 個人 垣谷病院として開設オープン(126床)
  • 医療機関指定/結核予防法指定医療機関/公害補償医療指定/生活保護法指定医療機関
1981年8月 病床数283床に増床/人工透析開始
1983年1月 垣谷会 明治橋病院に改名
1984年2月 救急告示医療機関
1987年1月 泌尿器科専門医教育施設認定/日本透析療法学会認定医制度教育関連施設認定
9月 身体障害福祉法指定医(腎臓機能障害)
1988年12月 被爆者一般疾病指定医療機関
1990年2月 血管造影装置導入
6月 院内感染予防対策委員会設置
8月 医療法人 垣谷会として法人組織となる
1991年5月 身体障害福祉法指定医(肢体不自由)
10月 FCR(コンピューターレディオグラフィ)導入
12月 身体障害福祉法指定医(膀胱・直腸・小腸機能障害)
1993年2月 MRI導入
11月 身体障害福祉法指定医(心臓機能障害)
1994年7月 脳神経外科専門医教育施設認定
1995年7月 特例許可老人病棟60床を追加許可この時点で合計396床となる(一般病棟216床・老人病棟180床)
8月 新看護料を取得(4対1看護料(B)、10対1看護補助)
1996年7月 院外処方箋発行(全科、外来患者一斉実施)
8月 企業集団健診開始(松原市商工会議所加盟会社を中心にスタート)
11月 訪問看護ステーション開設(エンゼル訪問看護ステーション)
12月 入院患者服薬指導業務開始
1997年5月 特定疾患治療研究事業
1998年4月 ヘルカルCT導入
5月 ペースメーカ移植術施設基準クリア
7月 巡回バス運行(別所・三宅・丹南・岡方面)
9月 企業集団健診開始(美原町商工会(現堺市美原区))/週休2日制実施
1999年1月 災害医療協力センター
7月 訪問看護ステーション24時間体制開始/重症管理加算申請
2000年4月 居宅介護支援事業所開設
7月 介護療養型医療施設オープン/介護力強化病棟より180床移行/在宅介護支援センター開設
10月 通所リハビリテーションセンター開設
12月 設立20周年記念式典開催
2003年12月 ディサービスセンターひまわり 開設
12月 グループホーム 田井城の里 開設
2006年1月 日本医療機能評価機構による認定を受ける
4月 CT撮影装置 16列に入れ替え
2010年4月 DPC請求制度導入
2011年1月 日本医療機能評価機構 Ver6認定
2013年1月 法人格を社会医療法人へ
2015年3月 電子カルテ導入