診療科目・各部門

HOME診療科目・各部門人工透析センター

人工透析センター

社会が求めるニーズに適確に応え、より充実した医療に努めます。

人工透析センター 当センターは、ワンフロアーにベッド数39台を配置し、各ベッドに液晶テレビを備えリラックスして透析治療を受けていただけます。 医師(腎臓内科・泌尿器科)、看護師、臨床工学技士、事務等と多くの職種と連携し、質の高い透析医療の提供を行っています。また管理栄養師・医療ソーシャルワーカーとも連携して患者様の生活のサポートも行っています。 透析治療では、透析液中のエンドトキシンや生菌対策も厳重に管理しており、オンラインHDFを取り入れています。その他、各診療科からの血漿交換、血液・血漿吸着除去療法など特殊血液浄化にも24時間対応しています。 血液検査、心エコー、腹部エコー、腹部CT 、骨密度検査、ABI(足関節上腕血圧比)、シャントエコー、フットチェックなどの検査により、患者様の状態を把握し早期発見・早期治療にも努めています。

オンラインHDFとは

人工透析室/個室 オンラインHDFとは透析効率が高く、長期間にわたり血液透析を続けることで起こってくる合併症の予防や血圧低下の予防など様々な効果が期待できる治療法です。 オンラインHDFを行うためには、細菌やエンドトキシンと言われる物質を透析医学会・日本臨床工学技士会が定めている基準値を満たさなければいけません。当院では測定感度以下まで厳密な管理を行っており日本透析医学会で規定されている透析液水質基準をみたし、「透析液水質確保加算2」を習得しています。
※HDF治療ご希望の方は、台数に限りがありますのでご確認お願いします。

フットチェックへの取り組み

糖尿病を原疾患とする透析患者の増加に伴い、足のトラブルが増えています。もし下肢潰瘍を発症して、下肢切断にいたると、ADLが低下し生命予後にも大きく影響を及ぼします。人工透析部では、看護師による患者様のADLの維持やQOLの向上に貢献する目的で、月に1回患者様のフットチェック行っています。 定期的な観察やセルフケアの指導を行うと共に異常時には、皮膚科、循環器内科と連携し、早期発見・早期治療に努め、足のトラブル予防に努めています。

VA(バスキュラーアクセス)の取り組み

効率の良い透析を維持する為には良好なシャントが必須になります。透析患者様にとってシャントは命綱です。良好なシャントを長期間維持させる為、スタッフ間で情報を共有しシャント異常の早期発見に努めています。 定期的にシャントエコーを行っており、必要に応じてシャント造影・シャントPTAを行っています。

スタッフ紹介

人工透析治療の資格を有した医師が患者様の治療をしております。
 日本透析医学会専門医・指導医
 日本腎臓学会専門医・指導医
 日本糖尿病学会専門医・指導医
 日本内分泌学会専門医・指導医
 日本内科学会総合内科専門医
 日本内科学会認定内科医
 日本泌尿器科学会専門医・指導医
人工透析部のスタッフには看護師、臨床工学技士が在籍しており患者様の透析治療のサポートを行っています。また、透析技術認定士 資格を有したスタッフも在籍しており、より良い透析技術を患者様に提供できるよう日々研鑽に励んでいます。

透析時間

診療時間
時間帯
午前(9:00~14:00)
午後(14:00~20:30)
午後(12:30~17:00)

透析を受けられる患者様の自宅から病院玄関前まで、無料で送迎を行っています。
※乗合となりますので場合によりご希望に沿えない場合もありますのでご相談下さい。
見学は随時可能です。
当院の地域医療連携室までお問合せ下さい。

個人用透析装置2台。人工透析室には個室も完備(2室)。手術後や重症度・感染病にも対処できるよう配慮した充実の設備です。